終焉の地

訪れたのは2月

日本人の誰もが知っている男

彼も日本のことを知っている

そこに彼の絵が語っていた風景は 僕にはみえなくて、

大地と空が広がるなかに

長閑な時間と穏やかな安らぎを感じた

弟のよこで、静かに眠っている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です